event
2018.10.28(SUN)

『Rethink World:マイノリティ・リポート vol.3』

【丸屋九兵衛セミナー】with いんちき番長

きかんしゃトーマスの仲間たちが多民族化し、アジアでは変形合体ロボットとして愛される時代。君たちの常識が、どんどん「非常識」になっていく。

そんな21世紀、人類をさまざまな観点から多数派(マジョリティ)と少数派(マイノリティ)に分けてみることから見えてくる、現代社会の真相。
必要なのは統計学だ!

世界規模で見た「常識と非常識」「多数派と少数派」を問うイベント、第三回。
博覧強記の怪人・丸屋九兵衛が、「自分の人生を変えた本」と激賞する『いんちきおもちゃ大図鑑』シリーズの著者「いんちき番長」と共に統計学で世界を再考する。

今回はもちろん「アジアエディション」だ!


【開催日】
2018年10月28日(日) 15:00~(14:30開場)

【チケット】
全席無指定 / 2,000円 (税込)
※本イベントはチケット事前購入制となっております。
こちらよりお買い求めください。
※お申込みには「丸屋九兵衛セミナー会員」への会員登録(無料)が必要となります。

【語り手】
丸屋九兵衛(まるや・きゅうべえ)
ヒップホップ/R&B専門誌ウェブサイト『bmr』編集長にして特殊系ブラック・ミュージック評論家、さらにアジア系ポップカルチャー評論家。
この『マイノリティ・リポート』は、丸屋九兵衛が以前から温めていた企画。「自分の常識は他人の非常識、近所のマイノリティは世界のマジョリティではないか」という問いかけから、世界を考え直す(Rethink World)試みである。twitter: @QB_MARUYA

いんちき番長
いんちき玩具研究家、変形ロボット玩具コレクター。
偽物やコピー商品とは趣の異なる、アジアの「いんちきおもちゃ」を求め、中国、台湾、韓国など各地を回っている。代表著書は『いんちきおもちゃ大図鑑』1巻~3巻(パブリブ刊)『ダガング』(アスペクト刊)など。
アジア玩具コレクターユニット「アジアン 玩具 ジェネレーション(通称:アジガン)」としてトークイベントにも出演している。twitter: @INCHIKIBANCYO

SHARE

facebooktwitter