art
2018.12.14(FRI)~2018.12.28(FRI) 12:00~20:00

YASUMASA YONEHARA「RETURNS」

-I am growing out my bangs- [KOMIYAMA TOKYO ART SHOW VOL.5]

 世界の混乱は、男性的社会システムから始まっていて、それを阻止するには女性的社会システムの構築しかない。しかし、多くの女性たちは、男性的社会システムから発信される価値観の中で、生きていくにはそこに従うしかない、と生まれた時から思い込まされている。その深く刷り込まれた洗脳とも言える価値観を打ち破るには、女性たちに前髪があればよい。
僕の中に突然ひらめいた。ここで言う”前髪”とは、嫌なものを見ないための、そして嫌なものから隠れるための装置なのである。そしてそれは、男性的社会が固定的に描く「女性」のイメージを逆転的に再構築させる。前髪を伸ばした女性たちは、非男性的社会のアイコンなのだ。


【会期】12月14日(金)~12月28日(金) 12:00~20:00


【米原康正(Yasumasa Yonehara)】
編集者、アーティスト。
東京ストリートな女子文化から影響を受けたその作品は、メディアの形をして表現されることが多く、90年代以降の女子アンダーグランドカルチャーの扇動者でもある。早くから中国の影響力を強く感知し、そこでいかに日本的であるかをテーマに活動を展開、現在中国のSNS「Weibo(新浪微博)」で245万人のフォロワーを持つ。2008年NYチェルシーにあるBarry Friedman, Ltd.にて個展を行いコンテンポラリーの写真家として世界的にデビュー。2017年6月、“I am growing out my bangs”という前髪を生きるための武器としたアイコニックなペイントを施すテーマでアプローチの異なる3つの個展開催によるアーティスト宣言をして更なるステップに登り、以降精力的な活動を続けている。

Weibo(新浪微博)
http://t.sina.com.cn/1851563345
Instagram @yone69harajuku

 
 
【小宮山書店】
東京神田神保町の古書店「小宮山書店」は、アートを取り扱うブックストアとして知る人ぞ知る存在。
そのアートセレクションは、コンテンポラリーアートから、アンダーグラウンドアートやフォトプリントまで幅広いジャンルをフォロー。現代人のライフスタイル空間にも受け入れられる「アート」をコンセプトとし、人生を豊かにする作品を蒐集している。
 
小宮山書店 KOMIYAMA TOKYO
http://www.book-komiyama.co.jp
03-3291-0495

SHARE

facebooktwitter