event
2019.07.23(TUE)

【1day トークイベント 】Artと暮らしとTechnology

調和の先に拓かれる未来について

Technologyの進化・発展によって我々の生活は急激な進化を遂げています。
暮らしの中で扱う情報量やスピードは一世代前とは比較にならない状態にあり、その進化は今後更にペースを上げ、未知の領域へと突き進むことでしょう。

MEKKIKIは、縁遠いと感じていたArtを取り巻く環境自体をこれまで以上に身近なモノにし、Technologyの進化・発展の中でサバイヴする人々のため、Artを通じて精神を鍛えることを推奨したいと考えています。
そしてこの度、事業を通じてそのVision・重要性を表現するためにArtプラットフォームを立ち上げることにしました。

Artの鑑賞、参加、購入などに関わる分野において、これまでになかったArt体験を提供することを目指し、実験の場として9月12日~16日まで瀧華 克文 「遠慮世代の逆襲」展を同会場にて開催します。

その開催に先駆け、我々の目指す鑑賞体験と購入体験および参加方法について、本トークショーにて説明を行います。

【ご参加いただきたい方】
・Art業界に関心のある方
・Art Techに関心のある方
・デザイン思考、UXに基づいた顧客アプローチに関心のある方
・Technologyに疲れている方
・少額Art投資に興味のある方
・SNSでの「いいね!」に飽きている方
・プラットフォームビジネスに興味のある方
・スタートアップに興味のある方

ゲストコメンテーターに数多くのスタートアップを支援するGOB Incubation Partners 櫻井 亮氏をお招きし、我々が考えるArtと暮らしとTechnologyとの調和に関して同氏の目線で解説します。


【日時】
2019年7月23日(火)19:00-21:00(開場18:30)

【チケット】
無料(定員50名限定)
※チケットの購入はPeatixにて。
https://mekkiki-tokyo-teaser.peatix.com

【主催】
MEKKIKI 事業部

【登壇者プロフィール】
小柳 ナポリタン
Juice&juicy 取締役 / プロデューサー
JT、資生堂、SUBARUなど大型Promotionを手掛け、現在はヘアメイクやスタイリストのマネジメント事務所を運営する。アーティストと企業・ブランドとの橋渡し役は勿論、マーケッターとしての目線やクリエイティブ パートに関しても統括する。

森 杏奈
TDS・TensorX DXコンサルタント
デザインファームTDSにて19年勤務。グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートし、メガバンク統合におけるマニュアルデザインプロジェクトやブランディング領域を担当。NY、シンガポールにてデザイン思考やBusiness Transformationの手法を学び、いかに日本企業においてDXを促進するかをテーマに活動中。一児の母。

滝華 克文
アーティスト
大阪芸術短期大学デザイン美術学科 版画専攻
CDジャケットのアートワーク等、イラストを中心とした製作をワールドワイドに展開する。SNSから広がった注目ArtistとしてNew yorkerに支持を得て、初の個展はNew York City MISHKA Head shopにて開催。50点におよぶ作品がSold Out となる。続いてLA、ParisでのBE STREET “BOOTLEG BART”に参加するなど、海外にて高い評価を得ている。

【ゲストコメンテーター】
櫻井 亮
tensorX CO., LTD. CSO
GOB Incubation Partners Co-founder
日本ヒューレッド・パッカード、企業支援等を経て、07年よりNTTデータ経営研究所にてマネージャー兼デザイン・コンサルティングチームリーダーを務める。13年より世界11カ国に15のオフィスを持つ北欧系ストラテジックデザインファームであるDesignitの日本拠点、Designit Tokyo株式会社を立ち上げ、代表取締役社長に就任。新規ビジョン策定・情報戦略の企画コーディネート、デザイン思考アプローチによるイノベーションワークなどを行う。その後GOB-IPを立ち上げ、イントレプレナーとアントレプレナーの両方の経験を活かし起業家支援に携わる。現在もシリアルアントレプレナーとして様々なチャレンジを実践中。
主な著書:
「ITプロフェッショナルは社会価値イノベーションを巻き起こせ」
「RFPでシステム構築を成功に導く本- ITベンダーの賢い選び方見切り方」
「ファシリのひみつ」など。

SHARE

facebooktwitter