お笑い芸人

アイヌ差別発言に加藤浩次の反応は?すぐに謝罪しようとしていたことが判明!?

加藤浩次

2020年3月12日の『スッキリ』の放送でアイヌ民族を差別するような発言がありました。

その発言に対して炎上。

夕方にはニュース番組内で謝罪する事態になりました。

気になるのは北海道出身の加藤浩次さんがどんな反応をしたのかですよね。

12日の放送中の謝罪はありませんでしたが、何も感じなかったのでしょうか。

今回はアイヌ差別発言に対する加藤浩次の反応についてまとめました。

『スッキリ』のアイヌ差別発言とは?

2021年3月13日(金)のアイヌ民族を傷つける差別発言について簡単にまとめました。

日本テレビは12日、同局系の情報番組「スッキリ」でアイヌ民族を傷つける不適切な表現があったとして、同日のニュース番組内でおわびした。

問題の発言は、動画配信サービス「Hulu(フールー)」の番組を紹介するコーナーであった。アイヌ女性のドキュメンタリー「Future is MINE ―アイヌ、私の声―」を紹介した後、お笑い芸人の脳みそ夫さんが「この作品とかけまして動物を見つけた時ととく。その心は、あ、犬」と謎かけをした。番組の放送後、SNS上などで「本当に許されないこと」などと批判の声が多く上がった。

北海道大学アイヌ・先住民研究センターの北原モコットゥナ●(小文字のシ)准教授によると、民族名に「犬」という言葉をかけて、侮蔑することは昔から続いてきたという。「放送を見て、集中力が下がって仕事が手につかなくなった。前後の説明を見れば、好意的に紹介しようという意図があったことは分かるが、長年多くの人々のトラウマとなってきた言葉が流れてしまったことは重大だ」と指摘。「本来は多様性の大切さを扱った映像。この件が大手メディアが国内の重要なトピックに対して大変鈍感であることの問題として取り上げられることを望む」と話した。

朝日新聞より引用

今回の騒動についてですが『スッキリ』放送内でアイヌ民族を傷つける発言がありました。

それは動画配信サービス「Hulu(フールー)」の番組を紹介するコーナーでアイヌ女性のドキュメンタリー「Future is MINE ―アイヌ、私の声―」を紹介した後のこと。

番組放送終了直前のスッキリスという占いコーナーにてお笑い芸人の脳みそ夫さんが

「この作品とかけまして動物を見つけた時ととく。その心は、あ、犬」

と謎かけをしたのです。

これに対して




アイヌ差別発言に加藤浩次の反応は?すぐに謝罪しようとしていたことが判明!?

今回の発言に対して、加藤浩次さんから3月12日の番組放送中に謝罪はありませんでした。

ネットでは加藤浩次さんに対して疑問の声が上がっていました。

しかし3月12日の加藤浩次さんの様子に異変があったとネットで情報がありました。




3月12日の加藤浩次の様子

差別発言直後の加藤浩次さんの様子についてネットに書き込みをしている人がいました。

kaz***** | 2日前
これは制作側の大問題!!事前に編集していて問題に気づけないレベルなら、情報番組として失格だと思う。
今日のエンディングでは、普段なら加藤さんがスッキリまた来週ですと言って締めるが、今日は変な間があって、加藤さんが何かを気にしているようだったから、アイヌについて気がついていたと思う。しかし、あれだけ短時間に、ゲスト紹介、占い、映画の番宣を入れていたので、謝罪するタイミングすらなかったように感じた。
この件については、日テレの制作側の問題!
月曜日の放送では、真摯に対応してほしい。

Yahoo ニュースより引用

今日のエンディングでは、普段なら加藤さんがスッキリまた来週ですと言って締めるが、今日は変な間があって、加藤さんが何かを気にしているようだったから、アイヌについて気がついていたと思う。しかし、あれだけ短時間に、ゲスト紹介、占い、映画の番宣を入れていたので、謝罪するタイミングすらなかったように感じた。

いつもは、スッキリまた来週です。といって締めるところ、変な間があったそうです。

北海道出身の加藤浩次さんなら気づいていたと考えられます。

しかし、対応ができなかったのはエンディングのスッキリスで、問題発言が起きてしまったことで謝罪する時間がなかったのではないでしょうか。

突然の差別発言に対応することができなかったと考えられます。




3月15日の加藤浩次の様子

3月15日(月)の加藤浩次さんの反応については、放送後まとめていきます。

追記

3月15日(月)番組放送中、スッキリの中で謝罪がありました。

加藤浩次さんは

北海道出身でありながら、謝罪対応できなかったことを申し訳なかったと謝罪しました。

スタッフ共々今後このようなことが内容務めていきたい。

と発言していました。

また番組として

  • 制作に関わったものに認識が不足
  • 番組の確認が不十分

その結果不適切な発信をしてしまったと謝罪をしました。

当該コーナーに関しては休止するようです。