漫画家

芥見下々の性別は女と言われる3つの理由は?暴露もされていた!?

芥見下々
スポンサーリンク

呪術廻戦の作者芥見下々先生の性別が話題になっています。

顔画像を公開していない芥見下々先生。

一部では男性なのでは?という声が多かったのですが

女性という情報も。今回は芥見下々先生の性別について調べました。

スポンサーリンク

芥見下々の性別は女と言われる3つの理由は?

芥見下々先生の性別は女性の可能性が高いです。

その理由は

  1. 女性だと暴露される
  2. セリフの言葉のチョイスが女性っぽい
  3. イラストも女性だった

ということが挙げられます。

一つずつ見ていきましょう。

その1:女性だと暴露されてしまう

女性だと話題になった発端は

ラブひなや魔法先生ネギま!の作家赤松健さんがスペース配信で

『漫画家たちが「表現の自由」や「ポリコレ」について話すスペース』

と題し配信していた最中に起きました。

女性漫画家に関するテーマに変わり赤松健さんは

『SAMURAI DEEPER KYO』とか『ネギま』と一緒にやってた頃、『マガジン』の作家の半分は女性だったのよ」

と解説し

「『ジャンプ』も『呪術廻戦』女性ですよね、あれね。『鬼滅』も女性作家だし、すごいなって感じがするんですけど」

とさらっと話をしたのです。

赤松は「『SAMURAI DEEPER KYO』とか『ネギま』と一緒にやってた頃、『マガジン』の作家の半分は女性だったのよ」と解説。そして「『ジャンプ』も『呪術廻戦』女性ですよね、あれね。『鬼滅』も女性作家だし、すごいなって感じがするんですけど」とサラリと暴露するのだった。https://myjitsu.jp/archives/340478

さらっと発言したことでネットからは

  • 男性説でほぼ確定みたいな感じだったのに、覆してしまったなwww
  • メディアでわざわざ被り物して素顔隠して、声も男の声で必死に収録して隠してきた思うと泣ける
  • いいのかこれ? 特に隠してない作家はともかく、芥見はめちゃくちゃ隠してたじゃん。深刻なアウティングだろ
  • ギャグの寒さがまんま女作者のそれだもんな
  • あの変に明るいノリのギャグは女だからだったのか

などの声が上がっていました。

芥見下々先生は、表舞台に出る際も素性がわからないように

被り物をしたり段ボールに入ったりするなど

さまざまな努力をしていたようで、

ファンからは今までの努力が水の泡になってしまったという声がありました。

その2:女性しかわからないようなセリフ

また芥見下々先生の作品『呪術廻戦』ではキャラクターのセリフが女性にしかわからないようなセリフがあることも話題になりました。

釘崎野薔薇というキャラクターが女性キャラクターを挑発する際に

「寝不足か?毛穴開いてんぞ」

という言葉があったのですが

このセリフについて

  • 「このセリフは男には思いつきにくい」
  • 「男性にしては毛穴に対する造詣が深い」

と話題になっていたのです。

またコミックスのおまけに

『呪術廻戦』のキャラクター達と芥見下々が対談する様子を描いた漫画が掲載されており

それについても

「自分の漫画のキャラと喋るのは女性作家さんによくみられる傾向」

とネットで話題になりました。

その3:イラストが女性だった!

芥見下々先生はイラストも女性として描いています。

芥見下々のイラスト

着ぐるみ脱ぐのは恥ずかしいなというちょっと色っぽい女性を

描いているのですが、

イラストが女性のため、芥見下々先生は女性!?と話題になりました。

しかし芥見下々先生は男性のイラストも自画像として

描いていたこともありました。

芥見下々

イラストが女性だったから芥見下々先生も女性と決めつけはできませんが

漫画家の赤松健さんが暴露したことで

芥見下々さんは女性である可能性が高いです。


error: Content is protected !!