スポーツ

【動画】コナーマクレガーとプーチンの談笑動画は?凍りついた表情がヤバい!?

ナーマクレガーとプーチンの談笑
スポンサーリンク

格闘家のコナーマクレガーさんとプーチン大統領が話題になっています。

2人の談笑した動画の中でコナーマクレガーさんが

プーチン大統領の肩を抱いた時にボディーガードが止めに入るという緊迫の瞬間があったそうです。

今回はプーチン大統領とコナーマクレガーさんの動画について調べました。

スポンサーリンク

【動画】コナーマクレガーとプーチンの談笑動画は?

コナーマクレガーさんとプーチン大統領の談笑動画について調べました。

談笑動画を特定!

コナーマクレガーさんとプーチン大統領の談笑動画はこちらです。

この動画は2018年W杯決勝で行われました。

プーチン大統領がコナーマクレガーさんのことをロシアW杯に招待したそうです。

ナーマクレガーとプーチンの談笑 ナーマクレガーとプーチンの談笑

2人とも、楽しそうに談笑しておりかなり雰囲気がいいです。

談笑の後フォトショットタイムでマクレガーさんはすぐに右手で

プーチン大統領の肩を抱きます。

ナーマクレガーとプーチンの談笑 ナーマクレガーとプーチンの談笑 ナーマクレガーとプーチンの談笑

左手では手を握り締めて写真をとる準備をしていたところ

すぐに画面左側のプーチン大統領のボディーガードがそのポーズを止めるように指示しました。

ナーマクレガーとプーチンの談笑 ナーマクレガーとプーチンの談笑 ナーマクレガーとプーチンの談笑

コナーマクレガーさんはすぐに真剣な表情になり体の前で手を組む仕草をしました。



スポンサーリンク

2人の談笑はなぜ行われた?

2人の談笑についてですが、前述した通り

プーチン大統領がコナーマクレガーさんをロシアW杯に招待したことがきっかけのようです。

プーチン大統領のゲストとしてW杯に招待したって2人の関係が良好であることがわかりますね。

コナーマクレガーとプーチンは仲良し!?3つのエピソードがすごい!

コナーマクレガーさんとプーチン大統領の関係性についてまとめました。

コナーマクレガーさんはプーチン大統領を尊敬しているようです。

プーチン大統領を好きとわかるエピソードは3つ。

  1. コナーマクレガーはロシアが好き!?
  2. プーチン大統領を尊敬!?
  3. インスタグラムでも尊敬の念を表していた!

一つずつ見ていきましょう。

その1:コナーマクレガーはロシアが好き!?

コナーマクレガーさんは2016年ロシアのマッチTVからの

インタビューに応じて格闘家として、ロシア人を尊敬すると発言しています。

コナーマクレガーさんは、アイルランド出身ですが

ロシア人について

  • その精神力に感服する
  • 「ロシア人は鋼鉄から鍛えられているのか、この民族は不屈の精神をもっているとおもう」

と格闘家としてロシア人の国民性やキャラクターについて

尊敬に値すると称賛していたのです。

この発言はロシア人やプーチン大統領からすると嬉しい発言だったでしょうね。

その2:プーチン大統領を尊敬!?

インタビューの中ではプーチン大統領を尊敬するという発言もありました。

  • 「プーチン、好きだねー。すっごいタフな男だよな」
  • 「相手が騙す企みを瞬時に嗅ぎ分ける」

と語っていました。

プーチン大統領とは元々交流があったのかキャラクターを絶賛する意見ですよね。

プーチン大統領も日頃格闘技をしたり体を鍛えているようなので

プロの格闘家からそのような発言を受けて嬉しかったに違いありません。



スポンサーリンク

その3:インスタグラムでも尊敬の念を表していた!

コナーマクレガーさんはインスタグラムでもプーチン大統領への尊敬の念を綴っていたようです。

前述のロシアW杯での談笑のフォトセッションで撮影した写真を掲載し、

  • 「この方は私たちの時代の偉大な指導者の一人であり、私は彼と一緒にこのような重要なイベントに出席することを光栄に思います」
  • 「今日はプーチン氏にとって光栄です。素晴らしいワールドカップに感謝します、おめでとうございます」

と綴っていたようです。

「今日、ロシアのプーチン大統領のゲストとしてワールドカップ決勝に招待されました。「この男は私たちの時代の偉大な指導者の一人であり、私は彼と一緒にこのような重要なイベントに出席することを光栄に思います」と、マクレガーが書きました。https://voi.id/ja/sports/139190/read

 

2022年3月11日現在、コナーマクレガーさんがプーチン大統領と撮影されたとされるインスタグラム投稿は削除しているのか見当たりませんでした。

ロシアのウクライナ侵攻もあり、投稿は削除した可能性もありますね。


error: Content is protected !!