ニュース

【比較画像】docomoの進撃フィギュアがひどいと炎上!リヴァイもミカサも別人!?

ドコモが発売した「進撃の巨人」との

コラボレーション商品について

購入者から苦情が相次いでいます。

 

リヴァイ兵長やミカサのフィギュアのクオリティが

ひどいとネットで話題になっているのです。

 

今回はリヴァイ兵長やミカサのフィギュアのクオリティが

どれだけヤバイか比較してみました。

docomoのリヴァイフィギュアの原型師は誰?中国で低コスト生産!?ドコモは人気漫画「進撃の巨人」とのコラボレーション商品で 購入者から苦情が相次いでいるということで 返金を2021年10月1...

【比較画像】docomoの進撃フィギュアがひどいと炎上!

今回ドコモが進撃の巨人とコラボした

フィギュアがひどいと炎上しているため

他メーカーで販売している1万3000円ほどの

フィギュアと比較してみました。

リヴァイはギャグ漫画!?

リヴァイ兵長のフィギュアですが

兵長にそもそも似ていない

破損がひどいなど様々な理由で炎上していました。

今時珍しい低クオリティと驚く人もいました。

1万円以上するクオリティではないようです。

今回ドコモとのコラボフィギュアと

同じくらいの値段のコトブキヤのフィギュアで比較してみました。

リヴァイ兵長画像左:ドコモフィギュア 右:コトブキヤ

 

リヴァイフィギュア画像左:ドコモフィギュア 右:コトブキヤ

リヴァイ兵長に似ているかどうかは置いておいて

画像を比較してみるとまず

  • 髪の毛の質感・束感
  • 肌の色
  • 服などへの陰影の付け方
  • 衣類のシワなどの

全然品質が違うことがわかります。

 

コトブキヤのものも13000円台のものなので

それくらいの金額を出せば、このクオリティのものを

制作できると考えられます。

 

またリヴァイ兵長は元々面長の顔ではないので

輪郭の作りも違います。

リヴァイ兵長ではなく

ギャグ漫画日和の顔だという意見もありました。

原型師を疑う声も。

原型師についてはこちらの記事でまとめています。

docomoのリヴァイフィギュアの原型師は誰?中国で低コスト生産!?ドコモは人気漫画「進撃の巨人」とのコラボレーション商品で 購入者から苦情が相次いでいるということで 返金を2021年10月1...

ミカサには満足の声も多数!?

ミカサのフィギュアにもひどい

という声もありましたが、リヴァイ兵長ほどではないようです。

 

しかし、顔の大きさがデカいという厳しい意見もありました。

ミカサ画像左:ドコモフィギュア 右:コトブキヤ
ミカサ画像左:ドコモフィギュア 右:コトブキヤ

比較すると、顔はどちらも似ている感じがしますが

質感や、服のシワの付け方、影の付け方など

コトブキヤの方が質が高いように見えてしまいます。

 

個人的に満足しているという声もありました。

顔もかっこいい!という意見も。

感動したという意見もあったので

クオリティに満足している人も多いように感じました。

 

ドコモは購入者からの指摘や

ネットでの署名活動を受けて全額返金対応をしているようです。

 

企業として誠意を持って対応していることが伝わってきます。

今後のドコモの動向から目が離せません。

docomoのリヴァイフィギュアの原型師は誰?中国で低コスト生産!?ドコモは人気漫画「進撃の巨人」とのコラボレーション商品で 購入者から苦情が相次いでいるということで 返金を2021年10月1...