YouTuber

へずまりゅうの親写真はある?かわいそうの声が多数!

へずまりゅう

へずまりゅうさんの両親について調べました。

迷惑系YouTuberとして、話題になったへずまりゅうさん。

迷惑行為や窃盗罪の容疑で逮捕されたこと、そしてマスクをせずに東京から県外移動したことで全国的に有名となりました。

そんなへずまりゅうさんの親写真についてしらべました。

へずまりゅうの親写真はある?

へずまりゅう

へずまりゅうさんの両親の写真についてですが、今回情報を探しましたが特定することはできませんでした。

へずまりゅうさんの両親は過去メディアのインタビューを受けたことがあり、へずまりゅうさん逮捕後の壮絶な生活について語っていました。

事件後の生活が壮絶でヤバイ!

インタビューで語っていたのは

「悩みすぎて、首を吊ることも考えました……」

という衝撃的な一言でした。

逮捕されるまで息子のへずまりゅうさんが、YouTuberをやっていたことも知らなかったご両親。

上京した後は、居酒屋でバイトをしながら就職先を探しているということでした。

そして、へずまりゅうさんがYouTuberをやっていると知ったのは逮捕のニュースで初めて知ったそうです。

へずまりゅうさんは2020年7月上旬からコロナウイルスに感染しながらもマスクをせずに県をまたぐ移動を繰り返しました。

その結果山口県にもコロナ感染者が出てしまいます。

当時コロナ感染者数はまだ拡大していなかったため、へずまりゅうさんと濃厚接触した人からはかなりの相談が県のほうに寄せられたそうです。

へずまりゅうさんは逮捕後もマスクを拒み警察官も感染してしまいます。

両親は

「これだけ人様に迷惑をかけた。実家が特定されて、いたずら被害に遭うかもしれません。隣近所や職場には“あれはうちの息子です”と謝罪して回りました」

と周囲に謝罪をしていったようです。




職場復帰もできていなかった

ショックのあまり夫婦で涙も枯れるほど泣いていたご両親。

逮捕報道から10日後も職場復帰ができていなかったそうです。

「夫婦で涙も枯れるほど泣きましたが、私たちにも生活があります。たとえ周囲に白い目で見られようが、この土地に根を張って生きていくしか生きる術(すべ)はないんです」

と、引越しは考えず今まで住んでいた家にそのまま住み続けているようです。




親としてできることはない

へずまりゅうさんの両親は、へずまりゅうさんについてもう親としてできることはないとインタビューに答えていました。

連絡先も全て削除して、東京にいくというツイートを逮捕後に見て、親としてできることはないと考えいることを明らかにしていました。

「裁判の結果がどうなるのかわかりませんが、一成人なら、自分のやったことに対してきっちり責任を取らなければならない。29歳にもなって自分の意思であのような迷惑行為をするなんて、親として許せないです。まだ小学生くらいの歳なら世の善悪を教えてあげられますが、親の手を離れてしまって、もうどうすることもできません」

と語っていたため、当時のご両親の気持ちとしてはへずまりゅうさんとの距離をおきたい気持ちが強かったんでしょうね。

また、

親として許せない、もうどうすることもできない

という言葉はご両親の強い決意を感じます。




へずまりゅうの実家はどこ?同居をしている!?

へずまりゅう

へずまりゅうさんの実家はどこなのでしょうか。

山口県防府市なのではないかとネットでは言われています。

その理由は問題行動を起こした後、山口県防府市のスーパーでアルバイトをしていたことが報道されていたからです。

へずまりゅう」を名乗りユーチューバーとして活動していた山口県防府市のスーパー店員、原田将大容疑者(29)を在宅起訴した。

https://www.sankei.com/article/20210126-JT32KSQ7GNIYLJ22BGFUCI3EAA/

両親は親として手を差し伸べることはできないとインタビューで語っていましたが、同居することになったんですね。

 原田被告は保釈後、実家のある山口県に戻り、飲食店に勤務。ユーチューバーとして最高月収は200万円だったが、現在は時給千円で週5日働き、休日は家族の介助などをしているという。

https://www.asahi.com/articles/ASP6Q54QWP6QOBJB002.html

山口県防府市でアルバイトをしているということは同じ山口県防府市に実家がある可能性が高いですよね。




へずまりゅうの両親についてネットではかわいそうの声が多数

へずまりゅうさんの両親についてネットではかわいそうという声が多数上がっていました。

へずまりゅうさんの両親が一番の被害者ですよね。

可哀想という声が多数あがっていました。

高齢になると他の土地に引っ越すことも勇気が入りますよね。

「それでもこの地で生きていくしかない」という、悲痛な思いが伝わってきました。

散々ご両親に迷惑をかけてきたへずまりゅうさん。今度はご両親とうまく暮らしていって欲しいですね。