女優

樫山文枝の夫は誰?綿引勝彦で喧嘩が絶えない夫婦だった!?

樫山文枝

舞台女優として活躍している樫山文枝さん。

早くから、売れっ子女優として活躍され

今では日本の代表的な女優さんとなりました。

 

今回は

  • 樫山文枝さんの旦那さん・綿引勝彦さんとの馴れ初め
  • 命の恩人だった真相など

についてまとめました。

樫山文枝の夫は綿引勝彦!

樫山文枝さんの旦那さんは俳優の綿引勝彦さんです。

プロフィールや馴れ初めについてまとめました。

夫・綿引勝彦の基本プロフィール

樫山文枝さんの旦那さん綿引勝彦さんは

2020年12月30日に膵臓がんで亡くなっています。

綿引勝彦

綿引勝彦さんは昼のドラマ「天まで届け」で

大家族の父親役を演じたことでお茶の間から親しまれる俳優さんでした。

生年月日 1945年11月23日(75歳没)
出身 東京都
身長 173cm
血液型 AB型
活動期間 1970年代 – 2020年

1965年に劇団民芸に入団し舞台俳優だった綿引勝彦さん。

1985年には退団し、舞台だけでなく、テレビドラマ・映画など

幅広く活躍しました。

 

「天まで届け」だけでなくポケットモンスターの

ピカチュウげんきでチュウのCMに出演。

綿引勝彦

子供達から「ピカチュウおじさん」と親しまれるなど

存在感のある俳優さんでした。



スポンサーリンク

2人の出会いは?

樫山文枝さんと綿引勝彦さんの出会いについてですが

同じ劇団に所属していたことが

大きなきっかけのようです。

 樫山文枝

2人の出会いは1970年の舞台「アンネの日記」で

主演女優は樫山文枝さんそして、裏方で研究生として

綿引勝彦さんが参加していました。

 

売れっ子女優の樫山文枝さん。

そして駆け出しの研究生だった綿引勝彦さん。

 

俳優として格差もあったことで2人の交際はすぐに

始まるわけではありませんでした。

 

綿引勝彦さんは樫山文枝さんのことを

芸歴が違いすぎるから、身近な感じはしなかったですね。一般の人がスターを見るような目で見ていただけですよ。

とスターを見るような目でみていたそうです。



スポンサーリンク

2人の馴れ初めは?

 樫山文枝

2人の交際が始まったきっかけは

樫山さんの家と綿引さんの家が同じ中央線沿いにあったことで

距離が縮まったそうです。

 

飲み会や劇団の活動で遅くなった帰り道は

いつも綿引さんが樫山文枝さんを家まで送って行ったことで

2人の距離は急接近。

 

樫山文枝さんは綿引勝彦さんについて

当時の思いをこう語っています。

彼は黙っていると私より年上みたいに思えるし、話してみるとやっぱり後輩だったと安心してみたり、混乱しちゃうんですよ。だけど言ってみれば足もとがしっかりしてるのね。それで意識するようになったのかしら。

樫山文枝さんよりも4歳年下だった綿引勝彦さん。

人間性がすばらしく、話していて安心できたのでしょうね。

 

1972年から交際開始して1974年に2人は結婚します。



スポンサーリンク

喧嘩が絶えなかった真相は?

交際していたころ2人は喧嘩が絶えなかったそうです。

初めは先輩後輩の関係でしたが

先輩後輩ではなく、パートナーとして距離感が近くなったことで

言うべきことははっきり言っていたことが考えられます。

 

喧嘩の原因は演技についてのこと。

演技について悩んでいたときに、綿引勝彦さんは

核心をついたアドバイスを次々といってくれたそうです。

時には自分の親よりも厳しいことを言われるように。

 

厳しく指摘をしてくる綿引勝彦さんに負けじと

樫山文枝さんも言い返していたことで

喧嘩のきっかけになったそうです。

 

喧嘩をしていても、愛情があるからこそのアドバイスと思うと

樫山文枝さんはうれしかったということを言っていました。

 

綿引勝彦さんも、厳しくアドバイスをした後には冗談のように

「樫山さん、僕と結婚してくれるといいんですがね」

と照れながら言っていたそうです。



スポンサーリンク

結婚式は極秘だった!?

綿引勝彦

樫山文枝さんは綿引勝彦さんと結婚する決心をします。

1974年の12月29日に結婚式をあげていますが

この日にしたのは仲人と樫山文枝さん、そして綿引勝彦さんの都合が

会う日がこの日しかなかったからだそうです。

 

親族だけが15人ほど集まった静かな結婚式。

年末でマスコミも休みに入っていたことや、

劇団員の人間も知らされていないことから

極秘の結婚式だったことが明かされていました。



スポンサーリンク

2人の間に子どもはいる?

樫山文枝

樫山文枝さんと綿引勝彦さんの間には

お子さんがいらっしゃいません。

 

樫山文枝さんは子どもについて以下のように述べています。

子どもも、とりあえずは欲しくないんです。私たちは、演劇を続ける上でのパートナーでありたいし、それも生易しいパートナーではなく、お互いに吸収し合い、反発し合う、ライバルとしてのパートナーでありたいと思うの。

夫婦であり、演技をするパートナーであること

お互いを高め合うために2人の関係を大切にしたかっんでしょうね。



スポンサーリンク

樫山文枝は夫・綿引勝彦の命の恩人!?

樫山文枝さんは綿引勝彦さんの命の恩人とも言われています。

胸部大動脈瘤の危機を救っていた!?

綿引勝彦さんは2005年

俳優や声優として活躍していた際に胸部大動脈流を患いました。

綿引勝彦

ちょうど舞台の稽古中に胸のあたりで

何かが切れる音がしたそうです。

 

綿引勝彦さんは、座り込んだり息を整えながら家にたどり着きます。

病院には行かないと言っていた綿引勝彦さんですが

樫山文枝さんは

「病院に行かなきゃダメ」

と言って強引に行かせたそうです。

 

診察の結果大動脈は破裂寸前。

すでに3リットルの血液が胸に溜まっていました。

 

手術をすぐに行い、一命を取り留めますが

樫山文枝さんの言葉がなければ

綿引勝彦さんも大動脈瘤によって命も危うい状況になっていたのかもしれません。

 

このことがあって、綿引勝彦さんは樫山文枝さんに

かなり感謝をしていることを述べていました。

そして

「助けられた命を大切に生きたい」

と心からおもったそうです。



スポンサーリンク

がん発覚後も献身的に夫を支えていた!

樫山文枝

2018年には綿引勝彦さんは膵臓がんを患います。

膵臓内にある方嚢を除去する際の手術で

進行性のがんが見つかったのです。

 

2019年には肺に転移していることが発覚。

2020年年明けから化学療法を開始しますが寛解にはいたらなかったようです。

 

2020年11月には治療はやめて自宅療養に切り替えます。

 

自宅療養では、樫山文枝さんと穏やかな日々を一緒に過ごしたようです。

  • 山小屋で将棋をする
  • 一緒に花を植える

など、1日1日を大事に生きていたことが語られました。

 樫山文枝

2020年12月に綿引勝彦さんは亡くなりますが

樫山文枝さんは夫の綿引勝彦さんが亡くなるまで

懸命に支えてきたことが伝わります。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!