政治

高市早苗の学歴は?5ヶ月でニュース番組を終了させた黒歴史がヤバいw

高市早苗

政治家の高市早苗さんの学歴についてまとめました。

高校・大学までの華々しい経歴や

卒業後のアメリカでの生活

そして、ニュースキャスターをするも5ヶ月で

番組終了となってしまった黒歴史まで調べました。

高市早苗
高市早苗がウィッグを付ける理由はがん?過去には脳梗塞も経験していた!高市早苗さんがウィッグを つけているのでは?と話題になっています。 気になるのはウィッグをつけている理由ですよね。 今...

高市早苗の学歴は?

高市早苗

高市早苗さんの学歴はこちら。

  • 小学校:奈良市立あやめ池小学校
  • 小学校:橿原市立畝傍南小学校(小学3年生〜)
  • 中学校:橿原市立畝傍中学校
  • 高校:奈良県立畝傍高等学校
  • 大学:神戸大学経営学部経営学科

小学校:奈良市立あやめ池小学校・橿原市立畝傍南小学校

あやめ池小学校

高市早苗さんは小学3年生のときに

あやめ池小学校から橿原市立畝傍南小学校に転校しています。

高校

転校前までは内向的な子どもでおとなしかったようですが

転校してからの新しい学校では

すこしだけ活発に振る舞えるようになったそうです。

 

両親は共働きで6歳年下の弟さんの

面倒を積極的にみていた高市早苗さん。

当時は面倒を見ることで精一杯だったそうです。

私生活が影響してか内向的だったのではないでしょうか。

 

しかし小学3年生になってからは

弟さんも大きくなり手があまりかからなかったことで

すこし余裕もでてきて

自分らしく振る舞えるようになったとインタビューで答えていました。




高校:奈良県立畝傍高等学校

高校は奈良県立畝傍高等学校(ならけんりつうねびこうとうがっこう)に進学します。

偏差値が69で

奈良県内の公立高校では1位の高校です。

中学時代は高校進学のために過ごしていたと

いう発言もあったことから

中学生時代はかなり勉強に勤しんでいたことがわかります。

 

優秀だったことはもちろん、努力家だったんですね。





大学:神戸大学経営学部経営学科

神戸大学

大学は神戸大学経済学部経営学科に進学します。

高市早苗さんは大学受験で早稲田大学と慶応大学

どちらにも合格しています。

そしてその2校が第一志望だったようです。

 

しかし、当時は保守的で

女性の社会進出もままならない時代。

 

保守的な両親は、

「女の子のあなたを東京の私学で学ばせる余裕はない。

弟の学費に回してほしい」

と諦めさせられたそうです。

高市早苗さんは希望していた

慶應義塾大学と早稲田大学を諦めることになったのでした。

 

国立大学の神戸大学に

通うことになりますが両親からは

「女の子だから一人暮らしはさせられない」

と言われ、通学に往復6時間かけ

神戸大学に通学していたこともわかりました。

 

「女の子だから」と両親が保守的な

意見を持っていたことで、かなり人生が

変わってしまったことがわかりますね。

保守的な奈良に育った高市氏も、当然のように「諦めさせられて」きた。例えば大学もそうだ。高市氏は第1希望だった早稲田と慶応のどちらも合格したにもかかわらず、「女の子のあなたを東京の私学で学ばせる余裕はない。弟の学費に回してほしい」と親に諦めさせられ、「女の子だから一人暮らしはさせられない」と通学に往復6時間かかる神戸大学に入学するのだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8134d0d826654612327c4c224554e8f793d505d4?page=2

しかし大学時代は軽音部に所属し

大学生活を謳歌しています。

高市早苗

中学生の頃からバンドの真似事を始めており

大学生のときは軽音楽部に所属し

ライブハウスにも出演。

ヘビメタからニューウェーブ、

ファンキーとなんでもやっていたことがわかりました。

 

そのパフォーマンスはかなり激しいもので

30分叩けば、スティックが折れてしまうほど。

 

いつも4組のスティックをカバンの中に

ひそませていたそうです。

 

大人になってからもドラムは続けており

トップ当選した後も

スタジオを借りてドラムを叩いたり

頭がもやもやしたときは1人で

スタジオに出かけてバンバンドラムを叩いていたことがわかりました。

 ちょっと季節はずれのこのマドンナは、松下政経塾出身だけれど、塾生として学んでいた時代も、後に海外生活を体験したときもドラムのスティックを離したことがない。一組だと30分も叩いていると、折れてしまうことがあるため、いつも4組のスティックをカバンの中にひそませていたというから相当なもの。

https://news.yahoo.co.jp/articles/829f9e8accfd2010531021f07967db9c5f808aa1




単身アメリカへ

第一希望の大学を諦めてからの高市早苗さんは

それ以降は絶対にあきらめないという粘り強さをみせます。

 

大学卒業後、高市早苗さんは

女性議員で米国大統領候補指名争いに

立候補準備をしていたアメリカの

パトリシア・シュローダー議員をたまたまテレビで見て惹かれます。

 

その人の元で働きたいという思いから

2週間後にはワシントンに旅立ち

その情熱だけでシュローダー議員のオフィスで働き始めるのでした。

 

決断力や行動力がないと実行できないことですよね。

 

大学入学の時に味わった悔しさが

今の高市早苗さんの考えに

影響していることがわかります。

たまたまテレビで見た女性議員で史上初の米国大統領候補指名争いに立候補準備を進めていたパトリシア・シュローダーに惹かれ、その2週間後にはワシントンに旅立ち、その情熱だけでシュローダー議員のオフィスで働き始めたり……若さゆえの大胆さと希望に満ちあふれた当時の高市氏のエピソード一つひとつに圧倒されてしまう。「女だから」と諦めさせられてきたのは大学まで、それ以降は絶対に諦めないという粘り強さで今の地位を築いていくのである。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8134d0d826654612327c4c224554e8f793d505d4?page=2

 




高市早苗は5ヶ月でニュース番組を終了させていた黒歴史も!?

高市早苗

高市早苗さんは、アメリカからの帰国後

ニュースキャスターも務めていました。

 

しかし、高市早苗さんが

担当した番組はわずか5ヶ月で終了。

 

フジテレビの『朝だ!どうなる?』という

朝の情報番組で、放送時間は7時〜7時45分でした。

 

キャスターは

  • 小俣雅子(フリーアナウンサー)
  • 石井苗子(現 日本維新の会参議院議員)
  • 高市早苗

の3人で、1990年11月5日から

1991年3月29日まで放送されていました。

 

ニュースを中心とする構成で

放送されていたこの番組。

打ち切りの理由については明確に示されていません。

 

しかし、打ち切りとなったのは主な理由は

視聴率の低下が原因なのでは?と考えられます。

 

『朝だ!どうなる?』は前番組とはテイストを変えた

ストレートニュースが中心の番組。

 

それに視聴者がついていけなかったことが

原因なのではないでしょうか。

 

わずか5ヶ月で終了していますが

番組内容に問題があっただけで

高市早苗さん本人に何か原因があったわけではなさそうです。

高市早苗
高市早苗がウィッグを付ける理由はがん?過去には脳梗塞も経験していた!高市早苗さんがウィッグを つけているのでは?と話題になっています。 気になるのはウィッグをつけている理由ですよね。 今...