ニュース

【特定】ヴィーガン給食の公立小学校はどこ?浅川小学校で矛盾した目的と批判!?

ヴィーガン給食

ヴィーガン給食を取り入れた小学校が話題になっています。

ヴィーガン給食でみんな同じものを食べられるように工夫されたこの給食。

 

食べるものを尊重sうることそして自ら選ぶ大切さを知る

という意味で学びの場になっています。

 

今回は

  • ヴィーガン給食を取り入れた小学校はどこなのか?
  • ヴィーガン給食の内容
  • ヴィーガン給食に批判が集まる理由

についてまとめました。

【特定】ヴィーガン給食の公立小学校はどこ?

ヴィーガン給食の公立小学校について調べました。

ヴィーガンとは?

そもそもヴィーガンの定義についてですが

肉や魚のほか、卵やチーズといった乳製品など、動物性由来の素材を製造過程においても一切使わない食生活のこと。

を指します。

ベジタリアンは菜食主義で肉や魚を食べないのに対して

ヴィーガンは卵、チーズなどの乳製品も一切使わないという食生活です。

浅川小学校で確定!?

ヴィーガン給食を取り入れている小学校は

八王子市立浅川小学校と報道されていました。

小学校

 

東京都八王子市初沢町の浅川小学校。

18学級で616人の生徒が在籍しています(2021年現在)。

 

現在校長を務める清水弘美さんが始めた取り組みのようです。

ヴィーガン給食の内容は?頻度は?

ヴィーガン給食の内容や頻度についても調べました。

献立の内容は?

献立については味噌汁には昆布から出汁をとり

肉は大豆ミートで代替しているそうです。

ヴィーガン給食

普通の食事と一見変わらないですね!

 

実際に食べた記者は

大豆ミートも味が良くしみており、豚肉ではないと言われなければ分からないような食感

と肉のような食感があって食べ応えがあると

言っていました。

 

昆布からの出汁がよくでるように試行錯誤したり

食感を出すために揚げたりするなど

さまざまな努力があってのヴィーガン給食なんですね!



スポンサーリンク

頻度は月1?

ヴィーガン給食についてですが

毎日ヴィーガン給食を提供しているのではなく

2カ月に1回の定期的なペースでの実施

をしています。

 

今回定期的にヴィーガン給食を提供するという試みがあったため

話題になったようですね。



スポンサーリンク

ヴィーガン給食にした目的が矛盾?

ヴィーガン給食を取り入れた目的について疑問の声も上がっていました。

ヴィーガン給食を取り入れた目的は?

浅川小学校の清水弘美校長はヴィーガン給食について

「いま学校現場はアレルギーにすごく気を遣っている。命にも関わる問題。だから、エブリワン・ヴィーガン給食の日はかえって安心できる」

と言っています。

浅川小学校,高校

ヴィーガン給食の日は児童のアレルギーを把握、

なるべく同じものを食べられるようにアレルゲンを除去した給食にしているそうです。

「エブリワン・ヴィーガン給食」と呼んでいると語っていました。

 

  • 必要なカロリーやたんぱく質が動物性のものでなくても十分取れることをまず知ってもらうこと
  • 自分だけでなく、周りの人、健康、地球環境などいろいろな条件を考えながら、その日食べるものを自分で選ぶこと
  • 主体的に生きられる大人になるための食育

とエブリワン・ヴィーガン給食について語っていました。

みんなで同じものを食べて「おいしいね」と言い合えることを目的にしているそうです。

目的が矛盾していると批判!?

報道の「ヴィーガン給食」という言葉が一人歩きして

ネットでは批判的な声が上がりました。

ヴィーガン給食とアレルギーを掛け合わせているため

ヴィーガン給食にしたらアレルギーを持つ子も

アレルゲンの心配をせずにみんなと同じものが食べられる

と誤解させるような記事だったため、多くの批判を受けました。

ヴィーガンは動物性食品を一切退けること

そして食物アレルギーは摂取した食物によって蕁麻疹や下痢、咳を起こす症状です。

 

アレルギーには大豆・小麦・蕎麦・ナッツなど

ヴィーガンの食物も含まれます。

 

よって、記事の内容に誤解を招くような表現があったため

批判が起きたようですね。



スポンサーリンク

ヴィーガン給食の記事を書いた記者が謝罪!?

ヴィーガン給食の記事を書いた記者も謝罪しています。

本記事について、ヴィーガン食がアレルギー対応食だと誤解されかねないとの指摘を読者からいただきました。(省略)学校の取り組みやアレルギーに対する考え方について説明が不十分だった点を本文に加筆しました。今後、細心の注意を払って記事を書いてまいります。(11月11日追記)

https://globe.asahi.com/article/14475497

最初に投稿した記事は

かなり誤解を招くような表現だったようで謝罪しています。

追記された記事は「エブリワン・ヴィーガン給食」で

ヴィーガンで、アレルギー除去された給食と説明されています。

 

食育の一環となり、子供たちが楽しく食事ができることが一番ですね!

error: Content is protected !!