スポーツ

【特定】矢野燿大の自宅はどこ?神戸市芦屋で5億の高級住宅!?

スポンサーリンク

阪神タイガースの矢野燿大監督、見事な采配や

監督としてのリーダーシップで話題になっています。

気になるのは矢野燿大監督の自宅はどこなのか?ですよね。

今回は矢野燿大監督の自宅についてどこなのか?

そして豪邸の噂についてまとめました。

スポンサーリンク

【特定】矢野燿大の自宅はどこ?神戸市芦屋の豪邸がヤバすぎる!?

矢野燿大

矢野燿大監督の自宅の情報についてまとめました。

ネット上では矢野燿大監督の自宅が豪邸だと話題になっているようです。

矢野燿大監督の自宅は、兵庫県の芦屋にあります。

芦屋とはどんな場所?

芦屋といえば

東の田園調布、西の芦屋

と呼ばれるほど西日本屈指の高級住宅街です。

神戸市芦屋の画像六麓荘町町内会Webサイトより引用

高級住宅街は六麓荘町というところなので、矢野燿大監督も六麓荘町に住んでいる可能性がありますね!

景観についても重視しており、住宅を建てるにしてもさまざまなルールがあります。

マンションなどの高層ビルは一切ないことや

商業施設はコンビニすらないことでも有名です。

町内会費もヤバいと話題になっています。

  • 町内会への入会金が50万円
  • 町内会費が年1万2000円
  • 積立金が年6000円

と町内会費のレベルが全然違いますね。

「町内会への入会金が50万円、町内会費が年1万2000円、積立金が年6000円かかります。これらは、共有施設などの管理運営費用に充てられています」(同)
徹底した景観保護を実施できるのは、この規格外の町内会費があるからこそなのかもしれない。町内会への入会が必須だからか、住民同士のコミュニケーションは活発で結束は固いという。

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2019/01/post_26157.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

徹底した景観保護を実施できるのは町内会費の部分も大きいようです。

そして町内会への入会は必須で、住民同士のコミュニケーションは活発と言われていました。

町内会費だけでそのくらいコストがかかる芦屋に自宅を立てた

矢野燿大監督の自宅はどんなところなのでしょうか?

矢野燿大監督の自宅の特徴は?

矢野燿大

矢野燿大監督は

家が大好きで早く帰りたい

と話していたこともあったそうです。

自宅の居心地や芦屋という街並みを愛しているんでしょうね。

矢野燿大監督の自宅の特徴ですが一部ネットでここの自宅なのでは?と画像が流出していました。

確定していないことやご本人のプライバシーがあるため掲載は控えさせていただきますが

  • 高い壁が自宅を取り囲んでいる
  • 白が基調になった家でスタイリッシュ
  • 当たり前だけど大豪邸
  • ガレージが大きい

という特徴がありました。

ガレージのシャッター自体が大きいので複数台の高級車を所有している可能性もありますね!



スポンサーリンク

矢野燿大監督の自宅の値段は?

矢野燿大監督の自宅の値段については明かされていないため不明です。

しかし土地と住宅を合わせると4〜5億はかかっているのではないかと考えられます。

芦屋市の六麓荘町建築協定では

区画が400㎡以上の敷地であること

という協定があります。

坪数でいくと121坪となっています。

芦屋の土地価格について調べましたが、80坪で6000万円するそうです。

80坪の芦屋市(兵庫県)の注文住宅の土地あり価格:約61,600,000円〜62,400,000円

https://refolean.com/芦屋市(兵庫県)の注文住宅・新築の価格の相場/

121坪だと、1億超えてしまう可能性がありますね。

また自宅についても注文住宅でかなりこだわりの詰まった自宅だと考えられます。

1億〜3億は軽くかかっていると考えられます。

土地と住宅を合わせると4〜5億はかかっているのではないでしょうか。

矢野燿大監督は現役時代の1991年から2010年5月8日まで

16億7730万円の年棒を獲得していたそうです。

そして、2022年現在は監督としても活躍されているので、

芦屋の豪邸を建てることも、特に苦労なく建てたのかもしれませんね。


error: Content is protected !!